【アキバ電気街映画メモ】#001『名探偵コナン ゼロの執行人』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりブログの管理を一任され、『好きに書いていいよ~』とボスに言われました。何でも良いとなると何を書けばいいのやら…   考えました結果、私クボは好きなことの3~5番目くらい映画鑑賞が入る程の映画好きですので最近の話題作からマニアックな作品まで、今後定期的にネタバレは避けつつ感想などゆる~くお届けしたいと思う次第ですヾ(>▽<)ゞ  ちなみに好きなことの1番目はゲームで2番目は飲みです♡

というわけで、コーナー化しアキバ電気街映画メモと題して始めさせていただきま~~す!ネーミングの理由はこの電気街の片隅(?)で頭をひねらせて綴るからです………

 

 

 

記念すべき第1回に取り上げます作品はこちら!

名探偵コナン ゼロの執行人2018年製作 ・邦画《1時間 55分

 

現在TSUTAYAのレンタルランキング1位で、劇場でも凄まじいヒットを飛ばした超話題作!アキバガレージスタッフには5回も映画館で観たというツワモノも…

最近とうとうレンタルビデオ店で取り扱いが始まり、シリーズファンでない私も観るに至りました。コナンシリーズについては友人から猛プッシュされてはいましたが、これが初めてまともに触れるタイトルです。つまりこの映画のメインコンテンツといっても過言ではないあの人については全く予備知識が無い状態での視聴となります。

あの人って誰?小五郎さん? …いいえ、おっちゃんのことではございません!

タイトルにもなっているゼロの執行人こと謎多きイケメン安室 透です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ、誰?どんなキャラクターなの?

分かります。私もちらっとアニメ本編を観た記憶があるかな~程度なのでそもそも彼の事は存じ上げませんでした。アンパンマンのコキンちゃんみたいな感じで比較的最近注目され始めた人気キャラクターのようです。『名探偵コナン ゼロの執行人』内でもカッコイイお兄さんだというのは十分伝わってきましたが、語り切れていない部分もありそうなので一応視聴後に色々と調査しました。

その結果安室さんとは、私立探偵でありながらおっちゃんに弟子入りし毛利探偵事務所の1Fの喫茶店で働く好青年であり、でも実はコナン君をあの姿に変えてしまった黒の組織の一員『バーボンであり、しかしながら真の正体は警察庁警備局警備企画課所属の公安警察官降谷 零』!!

す、すごすぎるプロフィールや…

こんな色々と凄いお兄さんが何か色々と大活躍した結果映画が大ヒットになり、更に空前の安室透ブームが発生しているというのが粗すぎるあらすじです。コンビニでのコラボキャンペーンやら安室 透セレクションシリーズの発売やら凄いことになってますよね。

見どころは他にも…もちろんあります!

つまり、ファン向けの映画ってこと?って思われるかもしれません。…が、この映画はそれだけではないのですよ!クボが個人的に良かったな~と思った点をざっと箇条書きにしてみました♪

シリーズのお約束展開もしっかり

最近シリーズに触れていない私でもすんなり頭に入ってくるお約束な感じがとても安心して観れました。もちろんお子様と観るのにもぴったり。

上戸 彩さんの演技

今作の重要な登場人物である女性弁護士の橘 境子役を演じていましたが、メインキャスト勢のプロ声優さん達の中でも違和感が無く流石の演技力でした!特に終盤のセリフの演技にはぐっときました。

とんでもアクション

主人公であるコナン君と安室さんが協力しつつ事件を防ごうとする終盤のシーンのアクションはかなりの盛り上がりっぷりでしたが、こんなんアリ?と思うようなカーチェイスから『いやこれ絶対死ぬでしょ(笑)』と思ってしまう状況下でのスーパープレイで強引に事態を収拾するまでの流れは必見です。

+..。゚+.アキバガレージ他スタッフの声.。゚+..

クボの先輩イワ子≫さんより※でもクボより若い。
とにかく安室さんがかっこいいっ!!!!かっこよすぎる!!!!!!
原作本編ではあまり見られない公安警察・降谷零の魅力がたくさん詰まっていて
映画が終わった時にはもう目がハートになってました。
この映画観た人全員安室さんに惚れたのでは?と思ったくらい
かっこいい安室さんづくしなんですが、
さらには警察や検察、公安といった組織の複雑な関係のあれこれや
最近話題のIoTなんかもテーマにしていてめちゃくちゃ面白かったです。
あとはコナン映画はやっぱりアクションがド派手!!今回もスリル満点でした!

 

クボの同期アカイノ≫さんより※でもクボより大分若い

見た感想としては結構大人向けの内容の映画だったと思います。
公安という組織に日本は守られていて、その公安も警察庁・警視庁・検察庁と三種類あり、
これらの組織はどのようにして国のために動いているのかが垣間見えました。

現実は映画とは違うと思いますが連絡に公衆電話を使う所や違法捜査なども
公安という組織が手段を選ばずに国を守るために行動する場面やその信念が見れたのは、
現実世界でも同じように守られてるのかなと思え現実世界とリンクさせて観ることができました。

内容はなかなか難しいと思いましたが安室さんが国を守るために必死になる姿が見どころの一つだと思います。
それと、最後のカーアクションは一度でいいからあんな体験してみたいと思いました!(笑)

結論:探偵ってかっこいい。

私もコナン君のあの蝶ネクタイが欲しいです、が…市販のボイスチェンジャーは小型のものだと使い物になるものが中々無かったり……

でもGPS腕時計型のカメラ(麻酔針は出ません)ならばあったりしますょ( ̄▽ ̄)ノ リアル探偵さんのご来店も多々ありますし!

【PR】

さてさて、レンタルDVDといえば…当店の人気商品テッパンが進化して帰ってきました♪大好きな映画やアニメの布教用や保存分のディスクを用意したいと思う事ってありますよね!デュプリケーターという機械を使えばそれが可能だったり……詳しくは↓の画像をクリックしてご確認ください(-^〇^-)

DVDもBDもCDも好きなだけコピーできちゃう?!スーパーデュプリケーター最新モデル『アルミのテッパン』

画像付きで分かり易く使い方を説明しているページです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。