【アキバ電気街映画メモ】#002『ドッジボール』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日特に捻ったりした記憶も無いのに膝関節を痛めた事で、すっかり体がなまっている事をまさに痛 感したクボです。(大)昔は水泳少女で400㍍メドレーなんかも軽々とこなしていたのに…(;_q)大人になると中々運動する機会が無くなってしまいますよね。。。無事2回目を迎えた今回の映画ブログ記事では、いい大人がガチでスポーツに取り組むコメディ映画をご紹介しちゃいます♪

 

 

 

2回にとりあげます作品はこちら!

ドッジボール2004年製作・アメリカ映画《 1時間 32分

クボが大好きなコメディ映画です♪登場人物が死にまくるスプラッターも大好きなんですが、お菓子でも食べながら気楽にゲラゲラ笑える映画はやっぱりイイもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は大昔に家族でこの映画を観て以来かなり気に入ってしまい、DVDも所持していて何度も観ています(笑)主演のヴィンス・ヴォーンと敵役のベン・スティラーのファンにもなりました(‐^▽^‐)ハリウッドのコメディを観た事のある方なら見覚えがある可能性の高い二人です!ヴィンス・ヴォーンは「Mr.&Mrs. スミス」のブラピの友人役(マザコンっぽいダメンズ)など…三枚目役の多いイメージですが、今作は良い奴だけど基本的に諦観気味の主人公を演じています。ベン・スティラーは「ナイトミュージアム」シリーズで、彼の面白すぎる演技を目にした人が多いのではないでしょうか。

ストーリーはスポーツものでありがちな『賞金が必要だから皆でがんばって大会に出よう!』⇒『やったぜ!』的な3秒で説明できちゃう内容なので特筆することは全くございません。ストーリーではなくその間のアメリカンなネタや演出、ナイスな俳優陣の演技を楽しむ作品となっております。

ちなみに、アメリカのドッジボールは日本のソレとは大分毛色が異なっているようで、ボールは人数分用意されスタートの合図と共に先ずはボールを奪い合い、あっちやこっちから投げつけまくるというアグレッシブなルールになっています。出演者達も子供時代『バトル・ボール(戦場ボール)』だとか『マーダーボール(殺人ボール)』なんて呼んでいたそうです。

本作の見どころ

テンポ良くぶち込まれるネタ

お子様が観ても笑えるシンプルなものから、大人だからこそ笑っちゃう下ネタまで中だるみするヒマ無く展開していきます。

CGナシのガチアクション

出演者たちが事前に数週間も行ったトレーニング・キャンプではすり傷や捻挫が絶えなかったとか…流石にレンチなどの工具をぶつけられるシーンはゴム製のレプリカを使っているそうですが(^_^;)

個性豊かな登場人物達

主人公サイドの陰キャ感漂うメンバーや、可愛らしいけど悪役のベン・スティラーの顔を壁に叩きつけるかなり強気なヒロイン(彼女はベンのリアル嫁なのである意味納得です。)など愉快な仲間たちが作中を賑わせています。そしてもちろん先述のメイン俳優二人のキャラクターもたってます!

ヴィンスのウィンク

主演のヴィンス・ヴォーンは身長196㎝の巨体でぱっと見かなり恐そうな人ですよね。若いころのシリアスな作品や人間ドラマ映画は惨憺たる結果でしたが、コメディ俳優に転身後はヒット作を連発し「ハリウッドで最もコスパの良い俳優」と言われたことも。恐らくコメディ映画に出演し始めてからだとは思いますが彼は登場作品の色んな会話シーンで話しながらウィンクをする独自の演技をしていて、ゴツいイメージとのギャップがまた愉快です。

+..。゚+.アキバガレージ他スタッフの声.。゚+..

アキバガレージの裏番長コテキ≫さんより

小学生の頃、体育の授業や休み時間によくやらされたドッジボール。
大の大人がとある事情でそれに本気で取り組むお話で、個性的なキャラ、絶妙な間合いの掛け合いや予想のつかない急展開などで十分笑える作品です。

私はドッジボールがあまり好きではありませんでした。肩がそれほど強くなかったので、野球部の高木君やバスケ部の五十嵐君のように活躍出来なかったためです。
それに、女子を狙って倒そうものならその子の仲良しの女子にボロカス非難されますし、運よく最後のほうまで残ったとしても全員の注目の的になって恥ずかしいですし、
たまたま目の前にボールが転がってきて手にしたとしても外野で「ヘイ!ヘイ!」と言っている高木君たちにパスするくらいしか出来なかったので、良い思い出がありません。

そんな私でも、楽しめる映画でした!

最後に、題材がドッジボールじゃなくても成立するように感じましたが、
ボールがヒットする時の効果音がじわじわくるので、やはりドッジボールでなかったら面白くなかったのかもしれません。

実は去年復活してまた話題に

『ドッジボール』は14年前の作品ですが、昨年2017年6月にチャリティを目的とした活動で作中のキャラクターを復活させ実際にドッジボールの試合をするというイベントを行ったそうです。

ベン・スティラー率いる『ドッジボール』が素晴らしい目的のもと13年ぶりに復活“FRONTROW”より

いい年こいた大人でも!今までろくに運動していなくて肩が上がらなくっても!本気でやればきっと楽しいはず!です。ちなみに私はお外に出るのは嫌なのでVR環境を自宅に誘致してBeat Saber(ビートセイバー)をプレイしたいと思っています( ̄▽ ̄)ノ♪

【PR】

さてさて、何度でも観たいお気に入りの映画と言えば…当店の人気商品テッパンが進化して帰ってきました♪大好きな映画やアニメの布教用や保存分のディスクを用意したいと思う事ってありますよね!デュプリケーターという機械を使えばそれが可能だったり……詳しくは↓の画像をクリックしてご確認ください(-^〇^-)

DVDもBDもCDも好きなだけコピーできちゃう?!スーパーデュプリケーター最新モデル『アルミのテッパン』

画像付きで分かり易く使い方を説明しているページです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。