PC-550G コーヒーカップのフタ型カメラ さわってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ショウジです。

 

 女性から見て、男性が聞いていたら気持ち悪い音楽ワースト3は、アニソン、メタル、アイドルだそうです。うちのiTunes網羅してるんだが?

 

 

 さて、先日発売されたコーヒーカップのフタ型カメラPC-550G(ポリスカム)ですが、うちにも入荷してきましたのでちょっと触ってみました。このカメラはサンメカトロニクス製のポリスカムシリーズ最新作。充電式のレコーダー一体型カメラで、解像度を1280×720のハイビジョン映像か640×480のVGA映像かを設定可能で、フルチャージで連続2.5~3.5時間撮影できます(VGA画質だと3.5時間、HD画質だと2.5時間)。動体検知録画機能はなく、録画はシンプルに連続録画のみ。マイクも内蔵していますので音声もとれます。記録はmicroSDカード(16GBまで)。

 

0329-7

 

 

0329-8

 

 

 パッケージを開けると、まず日本語の取扱説明書があり、操作方法が詳しく書かれています。でもこのPC-550Gは録画のON/OFFだけしかありませんので、操作はシンプルだし時刻設定以外はスイッチで変更できるので使うのはとても簡単だと思います。そして・・・

 

 

0329-10

 

 スタバとかその辺のオシャなコーヒー屋さんみたいなカップがご親切に2つとフタ型のカメラ本体。

 

0329-11

 

 あんなのただの飾りです、とメーカーの人が言ったかどうかわかりませんが、確かにカップは飾りです。カメラの機能はすべてこのフタに内蔵されているんだよ。

 

 

0329-12

 

 

0329-13

 

 で、ここがレンズ、こりゃわからんでしかし・・・・・・で、フタのカバーを開けます。

 

 

0329-14

 

 

 カメラっぽくなってまいりました。写真の上の方にある四角いボタンがフォーマットボタン、microSDカードをフォーマットできます。ちなみにフォーマットボタンのちょっと上にある丸い穴がマイク穴です。

 右下のスライドスイッチは解像度の設定スイッチ。HD画質で撮るか、VGA画質で撮るか設定します。それから左下にあるスライドスイッチがバイブレーションのON/OFFスイッチ。録画を開始したとき、フタのカバーを付けているとLEDランプが見えないので撮ってんだか撮ってないんだかわからなくなってしまいますので、基本的にはONにしておいた方がいいと思います。左右のスライドスイッチより内側に小さいぽっちが見えますが、ここがLEDのインジケーターになっています。充電中や録画中に点灯しますが、カバーをつけると外からは見えません。そして、一番下にある丸いボタンが録画開始/停止ボタン。このPC-550G、総じて操作がわかりやすく設計されていてポイント高いです。

 

 

0329-15

 

 

 サイドを見てみると、こっちにmicroSDカードのスロット。

 

 

0329-16

 

 

 反対側にUSBの端子。

 

 

0329-17

 

 

 ついでにレンズ。カップとフタを合わせるとこんな感じ。

 

 

 

0329-18

 

 

 

 スタッフの戸矢は毎日ふらっといなくなったかと思うとコーヒーとお菓子を買って帰ってくるのですが、ちょうど近所にOPENしたファミリーマートで買ってきたと思われるコーヒーカップ(Lサイズ)があったので並べてみました。

 

 

 

0329-19

 

 

 

 付属のカップとちょうど同じサイズだったので交換してみました。

 

 

 

0329-20

 

 

 

 

 

 違和感ありません。

 

 

 

 

 

 それでは実際に充電してから撮影してみましょう。

 

 

 

0329-22

 

 

  充電中はコーヒーカップのフタからUSBケーブルが繋がっており完全にアウトです。充電中はこっそりやりましょう。バッテリーが空の状態からおよそ3.5時間でフルチャージされます。

 

 

 

 

0329-23

 

 

 

 

 それではmicroSDカードを挿れて、撮影したいと思います。

 

 

 

 

0329-25

 

 

 

 録画の開始/停止ボタンはカバーを開けたところにありましたが、もちろんカバーを付けたままでも押せるようになっています。この湯気マークをちょっと強めに押すと凹んで下のボタンが押されます。

 

 

 

0329-26

 

 

 

 録画を開始するとカバーの中ではこんな風にLEDランプが点きますが、カバーを付けている状態だとまったくわかりません。バイブ機能をONにしておけば、録画開始ボタンを押してすぐブルル・・・とお知らせしてくれるんですわ。

 ちなみにファイルは1ファイルにつき容量がHD画質でおよそ1.5GB/30分、VGA画質では0.9GB/30分。HD画質に設定するとバッテリーライフが約2.5時間とのことですから、まあ、8GBあれば十分ですね。もちそん、撮り溜めておきたい場合やいちいちファイルを消すのが面倒な場合は16GBで。

 それでは、PC-550Gで撮影した動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに解像度は1280×720のHD画質に設定してあります。室内で撮った方はフリッカーでチラチラしていますが、なかなか綺麗ですね。夜も撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 夜といってもご覧のとおり電灯やお店のライトで明るいので綺麗に撮れています。PC-550Gには赤外線ライトはついていませんので照度が低すぎると撮影ができませんので注意です。

 

 

 

 

 というわけで今回はコーヒーカップのフタ型カメラPC-550Gを触ってみました。画質はご覧のとおりなかなかいいですし、操作も非常に簡単で使いやすく、デザインも自然な形でショウジ的にもポイント高めの小型カメラでした。気になった方は商品ページもぜひご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。