アキバコすげー!メディアプレーヤーKODIが超絶優秀すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、アキバガレージのショウジです。

暑さ寒さも彼岸まで。その慣用句の示すとおりすっかり過ごしやすくなりました。ところで、「彼岸」って言葉、かっこよくね?と思って調べてみたらどうやら語源は

 

 

サンスクリット語の「パーラム」という言葉の意訳なのだそうな。サンスクリット語がかっこいいということはもはや定説。必然、その意訳もかっこよくなるのは道理です。サンスクリット語、かっけー。

 

さて、ご好評いただいておりますアキバ系家電の最高峰アキバコンピューター、略してアキバコですが、中に搭載されているメディアプレーヤーアプリケーションのKODI(コーディ)が超優秀過ぎてみなさんにもお知らせしたくなったので書きます。もともとMP4やTS、AVIなど20種類以上ものファイル形式と、数々のコーデックに対応しているKODIですが、ここに来てさらに面白いことがわかりました。なんと、

 

ISOファイルも読めます!( `・∀・´)ドヤァ……

 

ISOファイルというのはCDやDVD、Blu-rayディスクの内容をまるごとひとつのファイルにまとめたデータのことで、そのディスクに入っている情報をすべて内包しています。

このISOファイルをUSB-HDDに入れてアキバコに接続、そしてKODIで読み込むと、DVDやBlu-rayのタイトル画面やメニューがちゃんと再現できました。

 

 

 

 

blog20150921-2

KODIのメニュー画面

 

 

 

 

 

blog20150921-3

ISOファイルも認識しています。再生すると・・・・・・

 

 

 

 

 

blog20150921-4

タイトル画面も起動しました!

 

 

 

リモコンやマウスで各項目も選択でき、プレーヤーやパソコンでオリジナルのディスクを再生したときと同じように動作しました。ディスクからISOファイルを作るにはパソコンが必要ですが、それが可能であればCDやDVD、Blu-rayのデータをまるまるHDDの中に保存しておいて、いつでもアキバコを使ってテレビで楽しむことができます。アキバコ、すげー(自画自賛)。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。