現行3種デジタル画像安定装置|防犯グッズ、画像安定装置、盗聴発見器なら【アキバガレージ】

 

トップ> コンテンツページ> 現行3種デジタル画像安定装置 - HDMIレコーダー比較 -

現行3種デジタル画像安定装置 - HDMIレコーダー比較 -

 2015年8月上旬、手元にあったHDMIレコーダー各機種で比較してみました。

 サイズ比較写真の上から順に正面から見て白い箱が新商品のアキバコンピューター【アキバコ】と正面から見て黒い表面機体がA社HDMIレコーダー、そして下段にある正面高級感のある鏡面仕様の機体がP社のとりあえずの3機種がありました。

画質比較・録画時間(ファイルサイズ)
画質 フルハイビジョンサイズ ハイビジョンサイズ
解像度 1920×1080 1280×720
A社レコーダー 約15分/1GB録画 設定なし
P社レコーダー 約15分/1GB録画 設定なし
アキバコ 約22分/1GB録画 約35分/1GB録画

 各レコーダーの画質には大きな差異がないので、同じハードディスクを使った場合録画時間が長くなるアキバコはより多くの録画ができることが分かります。

 また、アキバコについてはフルハイビジョンとハイビジョンサイズ選択が出来るので必要に応じて選択が可能です。

 たとえばタブレットで見るときはコンパクトでそれなりなハイビジョンサイズで録画、大きなテレビで見るのにフルハイビジョンサイズで高画質で録画と変えることもでき、ハードディスク容量の節約にもなります。

本体サイズ
本体サイズ1 本体サイズ2
A社レコーダー 215(W)×120(D)×40(H)mm/680g 
P社レコーダー 225(W)×125(D)×55(H)mm/780g
アキバコ 175(W)×115(D)×35(H)mm/300g

 この3種の中では【アキバコ】本体がひと回りもふた回りも小さく軽量な結果となりました。

 本体デザインも角が丸くできた【アキバコ】使用するたびに出し入れをしている方には朗報で、出し入れの際とがった角にぶつけて痛い思いをしなくて済みますし、 設置方法も多少無理があるかもしれないですが、端子やカードスロットに注意すれば軽いので縦置きも可能になります。

対応再生ファイル
再生可能ファイル(拡張子)
A社レコーダー 2種類 MP4,JPEG
P社レコーダー 2種類 TS,BMP
アキバコ 21種類 TS,MP4,mkv,m2ts,mov,rm,rmvb,avi,mpg,mpeg,dat,vob,flv,
mp3,wma,wav,FLAC,ogg,jpeg,bmp,png

 他社機器はプレーヤーとしての再生ファイルはその機体で録画したデータのみに対応しています。

 【アキバコ】は多機能マルチメディアプレーヤーとして再生機能があり21種類の拡張子規格に対応、一般的な見たい動画・写真データがほぼ再生可能であり、 他にもダウンロードした動画サイトのデータはもちろん、使っている一眼レフ・ビデオカメラのデータをアキバコで直接視聴可能、特にパソコンを起動するのがめんどくさい時に便利に動画が見れます。

操作性(レスポンス)

操作性(レスポンス)  どの機種も基本リモコンで操作します。電源を入れてから起動するまでは時間的にだいたい同じですが起動中や起動後に画面が出るアキバコは動作しているかの確認が分かりやすく表示されます。

 また今回はっきりとわかったのが【アキバコ】はリモコン操作の反応が早くなめらかな操作ができます。なのでこの手の機械に多い押してからの反応が遅くて2度押しや実行を待つことがないです。

 操作中に色々試しているのですが対応可能な再生ファイルが多い【アキバコ】は、ハードディスク内のどのようなデータに対しても不具合が出ないので動作が止まることがありません。

 また、リモコン以外の操作機器が使えるのでマウスをつけての選択やキーボードで録画したタイトルの名前を打ち込んだりができるので便利です。

本体の熱さ(排熱)

本体の熱さ(排熱)  基本的に家電なのでどの機種も熱くなります。ほこりよけとかで布をかぶせることは避けてください。熱が逃げません。普通に精密機器だと思って扱ってください。

 発熱に関していえばアキバコは内部に放熱板(ヒートシンク)を採用しているため市販品の一般的なレコーダーと同じ温度くらいになります。しいて言うならばアンテナ端子が電力を必要とするため熱くなりますがこれも普通です。

 他機種は金属性の本体自体が熱を逃すためのヒートシンクの役割を果たすため、本体がかなり熱くなる印象になります。

ハードディスク認識率

ハードディスク認識率 現存の機種はハードディスクがFAT32フォーマットがメインで対応するのでメーカーや型番も選びますが【アキバコ】はNTFSフォーマットを標準で採用しています。FAT32ももちろん使用可能なのでどれを買ってもだいたい認識します。

 また【アキバコ】はUSB接続機器と相性がいいので、マウス・キーボードはもとより、カードリーダーをつないでSDカードを直接記憶容量にできたりフラッシュメモリも直接使用可能です。

【アキバコ】は他にもシークレット機能の一つとして弊社取扱いの小型カメラ(スパイダーズX/匠シリーズなど)をUSB端子に直接接続すればパソコンを必要とせずに撮影した映像を見ることができます。

結果

 各機種とも映像はさすが綺麗です。どれをとっても遜色なく同サイズのデジタル機器の映像比較はつらいです。人間の目では無理です。拡大して4Kとアナログ映像を比較した方が分かりやすい結果が出たことでしょう。

 ただ、今回の比較対象がHDMIレコーダーだったので当たりまえですが【アキバコ】はHDMIレコーダーが数多くある機能の1つでしかありません。そして他の機能とそれぞれがより便利にかみ合う機械であることを改めて実感した結果になりました。