デュプリケーターってなに?|防犯グッズ、画像安定装置、盗聴発見器なら【アキバガレージ】

 

トップ> コンテンツページ> デュプリケーターってなに?

デュプリケーターってなに?

アキバガレージで取り扱っているスペシャル機能付きデュプリケーターとはいったい……
これを読めば、あなたのBD・DVDレンタル生活に、
革命が起きるかも!?

index

・デュプリケーターってなに?
・スペシャル機能について
・パソコン不要! 〜使い方について〜
・現行機種のご紹介
・デュプリケーターQ&A
・まとめ

デュプリケーターってなに?

デュプリケーターとは、CDやDVD、そしてBD(ブルーレイディスク)をコピー(複製)する装置です。 英語で複製するという意味の【duplicate】が語源。パソコンを使わず(!)、簡単な操作で、コピー元 のディスクとまったく同じ内容のディスクを作成することができます。

しかし、当店で扱っているデュプリケーターは、普通のデュプリケーターとはちょっと違います。驚愕 のシークレット機能、いわゆる【スペシャル機能】が搭載されているのです。

スペシャル機能について

スペシャル機能付きのデュプリケーターは、一般的なデュプリケーターではコピーできないようなディ スクをコピーすることができます…………あまり大きな声では言えませんが、スペシャル機能付きデュ プリケーターなら、市販されているブルーレイやDVD、さらに、レ○タルしたブルーレイ、DVDもコ ピーできるとか、できないとか(できます)…………。

パソコン不要! 〜使い方について〜

デュプリケーターの嬉しいところは、パソコンを使わずに、かんたんにディスクのコピーができるとこ ろ!パソコンでよくわからないソフトを使って難しいマニュアルを読みながらコピーするのとは別次元 の快適さ。機械が苦手な方でもすぐに使いこなせます。ここではBD・DVD対応最高級デュプリケーター の「テッパン(ABC-BB9A5)」を例に、実際のコピーの手順を見てみましょう。

1.デュプリケーターの電源を入れる
デュプリケーターの電源を入れる
2.コピー元のディスクを入れる

まずはコピーしたい元のオリジナルディスクを、デュプリケーターに入れます。デュプリケーターには ハードディスク(HDD)が搭載されていて、まずそのHDDの中にデータを読み込みます。

コピー元のディスクを入れる
3.空のディスクを入れる

HDDへ読み込み(コピー)が完了したら、今度はディスクトレーに空のディスクを入れます。すると、 自動的にHDDにバックアップされたデータを空のディスクに書き込み始めます。あとは終わるのを待つだけ!

空のディスクを入れる
4.できあがり!

コピー元のディスクにもよりますが、1枚あたり、HDDへの読み込みにおよそ10〜15分、ディスクへ の書き込みに10〜15分ほどかかります。専用のコピー機なだけあって、使うボタンも少ないですし、操作は非常に簡単!

現行機種のご紹介

DCM-4HD DVDが好き!DVDがコピーできればOK!なら
スーパーデュプリケーター
DCM-4HD
90,000円+税

前作「DCM-3DX2」の後継機となる、DVD専用のデュプリケーター。前作から仕様が大きく異なり、サ イズが大きくなった代わりに性能はパワーアップしています。 いちばんの違いは、今回から320GBのHDDを搭載していること。本体に、およそ60枚分ものDVDの データを保管しておくことができるようになりました(1層のディスクの場合)。いま現行の機種はこ ちらの「DCM-4HD」か、BDにも対応した「ABC-BB9A5」のみですが、DVDだけコピーできればオッ ケ♪という方は、こちらをご検討下さい。画質はBDのほうが圧倒的に良いですが、DVDのほうが味が あって好き、という方も多いのではないでしょうか。

DCM-4HDの詳細はこちらから

テッパンABC-BB9A5 DVDだけじゃなくBDもコピーしたいなら!
BD・DVD対応
最高級デュプリケーター

テッパンABC-BB9A5
180,000円+税

なんと、市場でも唯一のBD対応スペシャル機能付きデュプリケーター。見た目は「DCM-4HD」と似て いますが、こちらのほうが一回りコンパクトで軽量(と言っても5.5kgありますが……)。 DVDはもちろん、ブルーレイディスクもコピーし放題で、内蔵HDDは容量なんと2TB(2,000GB)。 DVDならおよそ425枚分(!)、大容量のブルーレイディスクでも約80枚分を本体にコピーして録り溜 めておくことができます。 やはり一度でもBDの画質を大きな画面で堪能してしまうと、もうDVDには戻れません。ブルーレイの画 質をそのままコピーしたい方は、こちらの「テッパン(ABC-BB9A5)」をご検討下さい。

ちなみに……
旧モデル「ABC-BB9」からCPUの性能がアップ、メモリ容量も2GBから4GBに増量したことで、安定 性とコピー速度が向上しています。

テッパンABC-BB9A5の詳細はこちらから

デュプリケーターQ&A

Q.操作はかんたんですか?
A.めちゃんこ、簡単です(死語)。「DCM-4HD」「ABC-BB9A5」どちらもボタンはぜんぶで5つしか ありません。しかも、コピーするだけなら電源ボタンの他にたった2つのボタンで実行できます。

Q.本体にはどれくらいのディスクをコピーできますか?
A.HDDの容量からすると、「DCM-4HD」であれば一層式のDVD約60枚分。「ABC-BB9A5」なら一層 式のDVDで約425枚分、BDでも約80枚分のディスクを本体内蔵のHDDに保管しておくことができる計 算になります。ただし、作品によってはもっと容量の大きいものもありますので、目安とお考え下さい。

Q.本体に撮り溜めた作品は何度でもコピーできますか?
A.一度本体のHDDにバックアップをした作品は、その後データを削除してしまわない限り、何度でも好 きなだけコピーすることができます。

Q.2層式のDVD、BDもコピーできますか?
A.どちらのマシンも2層式の作品がコピー可能です。その場合、書き込みに使用する空のディスクも2 層式のものをお使い下さい。

Q.スペシャル機能ってなんですか?
A.スペシャルな、機能です(そのまま)。あまり詳しく書きますと各方面から怒られますので、詳しく はお問い合わせいただければと思いますが、先述のとおり、スペシャルな機能が付いていることで、普 通のデュプリケーターではコピーできないディスクがコピーできるとかできないとかいう噂です(事実 です)。市○されている作品や、レン○ルの作品等がコピーできるんじゃないかな?どうかな?

まとめ

というわけで、ここではスペシャル機能付きデュプリケーターとは何なのか、いったい何ができるのか ということと、今ある現行機種を2機種ご紹介しました。どちらにするかは、コピーしたいディスクが DVDだけなのかどうか、によって変わってきますが、これはほんとうに好みもありますので、じっくり ご検討下さい。

解像度、画質だけで言えば、ブルーレイとDVDの差は歴然としています。DVDの解像度が640×480p だったのに対し、ブルーレイは1920×1080pのフルハイビジョン。
32インチほどのテレビで見比べてみても、ブルーレイの圧倒的な画質の高さがよくわかります。
ですが、音楽でもCDよりLPのほうが好きだとか、テープの音が好きだとか好みがあるように、映像にも好みがあります。
確かに映像美の観点から言えば、ブルーレイは圧倒的なのですが、見えすぎてしまうが故の味気無さを感じる方も少なからずい らっしゃることでしょう。
実際、当店のお客様にもBDよりDVDのほうが好きという方がたくさんいらっしゃいます。
ぜひそこは自分の好みに合わせて、スペシャル機能付きデュプリケーターをご検討いただきたいと思います。
ただし、BD対応デュプリケーターの「テッパン(ABC-BB9A5)」については100台の限定生産ですので、お早めにご検討いただいたほうがいいかも知れません。したらな!

ページトップへ