小型カメラ広角撮影|小型カメラ販売店【アキバガレージ】

 

トップ > 小型カメラ 広角撮影

広角レンズを搭載した小型カメラ

ここでは標準的な小型カメラよりグッとワイドに撮影できる、広角レンズを搭載したタイプをご紹介します。
小型カメラの水平画角(どれくらいの範囲が映るか)は、様々な機種がありますので商品によっても異なりますが、おおよそ60°〜70°前後という機種が多いです。
スマホのiPhoneがだいたい70°前後の画角ですので、同じくらいのイメージですね。
玄関のドアスコープやドアビューカメラ、あるいはドライブレコーダーのように約90°以上の広い画角を得るにはいわゆる魚眼レンズと呼ばれる大きめのレンズを必要とします。
ここでご紹介する小型カメラも、直径2〜3mmのピンホールレンズではなく、魚眼レンズを搭載することでワイドに撮影できるようになっています。
ワイドに撮影できるタイプは、室内での撮影、特に被写体との距離があまりない環境で有効です。
70°前後のレンズでは映らない範囲でも、広角レンズならしっかり人の顔まで撮影できたりしますので、お部屋の防犯のため監視カメラ代わりに、というときや、 簡易的なドライブレコーダーとして。はたまた近年人気のアクションカムのようなダイナミックな映像を撮りたい!というときにもこの広角レンズ搭載の小型カメラがオススメです。

一般的な画角の小型カメラの場合
広角レンズ搭載の小型カメラの場合

全8件

ページトップへ