高性能タイプの盗聴発見器|盗聴・盗撮発見器販売店【アキバガレージ】
 

トップ > 盗聴発見器 高性能タイプ

高性能タイプの盗聴発見器

高性能タイプの盗聴発見器なら、一般の方でも正確な調査が可能です。
簡易タイプとの大きな違いは、盗聴波の音声を受信してこちら側でも聞くことができる通称ラジオモードが搭載されていること。
この機能があるかないかで性能に大きな差が出ます。
ラジオモードは、盗聴器が拾っている音声を発見器で受信し、同じ音声をこちら側でも聞くことができます。
これができると、例えば現場で音楽をかけ、高性能タイプの盗聴発見器でスキャンし実際に盗聴器の電波をキャッチすれば、発見器のスピーカーからその音楽が聞こえてきます。
同じ音楽が同じタイミングでスピーカーから聞こえてきたら・・・?それはつまり盗聴器が仕掛けられ、実際に盗聴されているということが判明したことになります(下イメージ図参照)。 高性能タイプの盗聴発見器は一般の方だけでなく、不動産業者、引っ越し業者をはじめ鉄道会社や公共機関等でも採用されています。
どうやら盗聴されている可能性が濃厚であるとか、盗聴されているのが間違いないので盗聴器の場所を特定したい、というときには簡易タイプではなく高性能タイプの盗聴器をお使いいただくことをオススメします。

店長おすすめランキング

全5件

ページトップへ