UMB-400 サンメカトロニクス | アキバガレージ

 

トップ > 会話発信機 > UMB-400 サンメカトロニクス

UMB-400 サンメカトロニクス

価格 : 35,000円(税込 37,800円)
ポイント : 378
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特徴
  • 折り畳み傘の形状をしたUHF会話発信機
  • 傘としても使用可
  • 稼働時間最大890時間(単3アルカリ乾電池使用時)
  • 使用する電池によって電波送信距離を伸ばすことが可能
詳細

 様々な形状のUHF会話発信機を発売しているサンメカトロニクスから、今度は折り畳み傘型のUHF発信機UMB-400が登場しました。実際に折り畳み傘としても使用できて雨が降っても便利!(マイク穴に水が入らないように注意が必要です)

 このUMB-400の面白いところは、使用する電池によってステイタスが変わるということ。電池は単3アルカリ乾電池2本か、9Vのアルカリ乾電池006Pのどちらも使用可能なのですが、単3電池を使用した場合は稼働時間が……そして006Pを使用した場合は電波送信距離がアップするのです。

 稼働時間は006P使用時には130時間ですが(これでもかなり長いのですが)、単3アルカリ乾電池2本を使用時にはなんと890時間(約37日間)にも及びます!
反対に単3電池を使用したときに比べ、006Pを使用したときは電波の送信距離がおよそ130%〜150%にまで向上します。使うシチュエーションによって、電波環境のよくないところでは006P、良いところでは単3電池……という具合に使い分けることができます。

受信距離を伸ばすには・・・

まったく窓がない部屋に発信機をセットすると、受信距離が短くなるか、最悪、受信が出来なくなります。
電波は、金属とはコンクリートでさえぎられてしまうからです。
 窓があっても、まったく別の方向で受信すると、受信距離が伸びません。窓が見通せる位置で受信するというのが基本です。
 電波は高いところから発信すると、受信距離が伸びます。ただ高層階の建物の直下では、電波が回りこめずに受信が難しくなります。このようなときは、むしろ少し離れた、窓が見える位置で受信します。

仕様
サイズ・重量 Φ6x32cm ・ Φ36×91mm(グリップのみ) ・ 278g
電源(電池寿命) 006P(9V電池)/130時間×1個、もしくは単三電池×2本/890時間
送信チャンネル A・B・C
集音範囲 周囲半径約10m
使用受信機 UCR−500EX/UZ-100M/USP−100/USS−100など
注意事項

本商品は会話送信機になります。そのため、受信機がないと送信した会話を受信する事が出来ません。
受信機をお持ちでない方は下記の受信機も一緒にお買い求め下さい。

ページトップへ