SNB-100R サンメカトロニクス | アキバガレージ

 

トップ > 会話発信機 > SNB-100R サンメカトロニクス

SNB-100R サンメカトロニクス

価格 : 32,000円(税込 34,560円)
ポイント : 345
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特徴
  • UHF帯のA,B,Cチャンネルに対応したコンパクト受信機
  • 薄さ6mm、カードサイズで携帯に便利
  • イヤホンアンテナ採用
  • 連続7時間稼働
特徴

 UHFの発信機のための受信機は数々あり、中にはワイドバンドレシーバーを使う方も多いでしょう。SNB-100Rはそれらの受信機たちと比較して圧倒的にコンパクトな点がなによりの特徴です。縦85mm、横幅55mmのカードサイズで薄さはなんとわずか6mm!重さも28g程度で携帯にはとても便利。
サイズがここまでコンパクトなのはイヤホンアンテナを採用したことも一役買っています。イヤホンアンテナは名前の通りイヤホンがそのままアンテナ代わりになっているもので、これを使用することによりSNB-100Rでは他のUHF受信機の様にイヤホンと別にアンテナを挿す必要がありません。そのため受信機をポケットに入れて持ち運ぶときも、アンテナが飛び出してしまったり邪魔になることもないのです。その上受信感度や音質は他の受信機たちやマルチバンドレシーバーと変わりません。

 使用に当たっては3Vのコイン電池CR2430で約7時間、稼働します。難しい操作は何も要らず、指定のチャンネルに切り替えて電源スイッチを入れるだけ。しかも、電源スイッチはプラグインスイッチを採用しており、イヤホンを挿すだけでONになり、イヤホンを抜けば自動でOFFになります。
本体には電池状況が確認できるLEDランプが付いていて、電池が残り少なくなるとランプでお知らせしてくれます。

使用方法

(1)まず、リチウム電池CR2430をご用意下さい。
(2)電池スペースフタを下に押して外し、電池の刻印のある側(プラス)がフタ側になるようにセットします。
(3)電池の右となりの下側にはチャンネル切替があります。
小さいスイッチですので爪楊枝などを使って受信するチャンネルに切り替えて下さい。
受信チャンネル:A・B・C (4)イヤホンをイヤホンジャックに入れます。
本体のスイッチがオンになります。
※本機には電源スイッチは独立していません。イヤホンジャックにイヤホンを入れると電源がオンになります。
(5)電源をオフにする場合は必ずイヤホンジャックからイヤホンを抜いて下さい。

イヤホンはアンテナとしても機能します。基本的に伸ばした状態のほうが、電波の受信に有利ですが、よほど小さく巻いた状態でなければ実用上差し支えありません。
 なお、市販の一般イヤホンを使用した場合は、受信能力が落ちることがあります。
 イヤホンジャックの近くに電源状況LEDがあります。イヤホンを途中まで挿入すると点灯し、完全に挿入すると消灯します。イヤホンがきちんとセットされ、電池の残量も十分であることをしるしています。
 電池残量が少ないと、イヤホンを完全に挿入してもLEDが点灯します。(上の写真参照)
電池を交換して下さい。電池寿命は約7時間です。
受信機の一般的な大きさはUZ-100Mが56×22×83mmです。
しかも、アンテナがΦ10×190mmです。受信感度に関しては申し分ございませんが、お世辞にも携帯性が優れているとはいえませんでした。
SNB-100Rはそんな受信機のイメージを覆す商品です。
寸法は55×6×85mmと超薄型になりました。また、アンテナはイヤホンケーブルを使用することにより、胸ポケットに入れても違和感なく使用できるようになりました。

付属品

本体×1
イヤホン×1
取扱説明書×1

仕様
外形寸法 55x85x6mm イヤホン全長88cm
重量 28g(電池含む) 7g(イヤホン)
電源・電池寿命 リチウム電池CR2430(3V)×1個 約7時間
受信チャンネル UHF帯A・B・C

ページトップへ