2K高画質液晶付ドライブレコーダー NX-DR301H エフアールシー(FRC) | アキバガレージ

 

トップ > ドライブレコーダー > 2K高画質液晶付ドライブレコーダー NX-DR301H エフアールシー(FRC)

2K高画質液晶付ドライブレコーダー NX-DR301H エフアールシー(FRC)

価格 : 16,000円(税込 17,280円)
ポイント : 172
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特徴
2.0型液晶モニター搭載

大きくて見やすい2.0型液晶モニターを搭載。録画中の映像モニターや記録した画像をその場で再生が出来ます。

400万画素の高解像度

Full HDを超える高画質2K解像度でさらに鮮明な画像。
400万画素の高解像度CMOSセンサーを搭載。動画は300万画素を実現。

約118度ワイドレンズ

水平画角約118度・垂直62度(145度対角)レンズを搭載。周囲の状況・安全確認に優れ、より広範囲の撮影が出来ます。

A7L搭載

Ambarella製チップを採用。A7LはSuperHD 1296pの高解像度で30フレーム/秒の高速撮影が出来る上に、画像ノイズを減らします。

HDR機能搭載

ハイダイナミックレンジ機能で明るさのレンジを拡大。特に夜間で白とびや黒つぶれの少ない画像が得られます。

GPSユニット接続可能

別売のGPSユニット(HX-GP301)を接続すると、LDWS(車線逸脱警報)やFCWS(前方車間距離警告)を行うことができます。

動体検知機能付

動く物を検知すると自動的に録画を開始し、検知しなくなると自動停止します。
(通常モード/動体検知モード切替可能。※検知距離は約1〜2mになります。)

Gセンサー機能搭載

G(加速度)センサーにより設定衝撃以上を検出した場合、そのポイント前後の映像を記録します。記録出来るファイル数は10件。11件目は1件目に上書きされます。

スーパーキャパシタ搭載

衝撃によりシガー電源が切れた時でも、内蔵した電源で録画中のファイルを自動保存します。バックアップ電源は耐久性に優れたスーパーキャパシタを採用。

各部名称と機能
付属品
録画時間の目安
メモリ容量 2K:2304 x 1296 Full HD:1920 x 1080 HD:1270 x 720
8GB 70分 1時間40分 3時間30分
16GB 2時間20分 3時間20分 6時間50分
32GB 4時間40分 6時間40分 13時間40分
仕様
イメージセンサー CMOS
総画素数 約400万画素
液晶サイズ 2.0型
水平画角 約118度
垂直画角 約62度
ビデオサイズ 2560 x 1080 /30fps
2304 x 1296 /30fps
1920 x 1080 /30fps
1920 x 1080 /30fpsHDR
1280 x 720 /60fps
1280 x 720 /30fps
対応言語 日本語 / 英語
記録媒体 microSD (8GB付属)
フレームレート:30fps/4〜32GB対応(Class10)
記録方式 常時録画 / イベント記録 / 手動録画
映像ファイル形式 動画 MOV(H.264) / 静止画 JPEG
記録映像再生方式 WindowsMedia player等のH.264再生
電源電圧 DC5V(12/24V用変換アダプタ付属)
バックアップ電源 スーパーキャパシタ方式
消費電流 1A(最大)
GPS オプション(専用:HX-GP301)
動作温度範囲 0〜60℃
Gセンサー ○(オフ/ 低 / 中 / 高)3段階調整
音声 ON / OFF可能
サイズ W:54 x H:76 x D:36mm (突起部分含まず)
重量 g
付属品 取り付けステー×1
カー電源コード×1
microSDHCカード(8GB)×1
取扱説明書×1
注意事項

記録用 SD/SDHCカードご使用上の注意
SD/SDHCカードの種類によっては性能を発揮できない場合がありますので、予めテスト撮影を行って下さい。

車両事故に遭われた場合
記録を停止しない限り撮影を続ける為、事故時の映像が上書きされてしまう場合があります。 出来るだけ早く撮影を停止し、本機からSD/SDHCカードを取り出してカードを書き込み禁止状態にして保管されることをお勧めします。

パソコンで映像の再生をする場合の動作環境
・Windows Vista / 7 / 8 がインストールされたパソコン
・MOV(H.264)形式に対応した再生ソフト(再生ソフトに関するお問い合わせはお受けできません。)
・USB2.0インターフェースもしくはSD/SDHCカードリーダーを備えていること。
・それぞれのOSの推奨環境以上で動画再生でも十分な能力を持っていること。

動体検知機能は駐停車時のみ機能させて下さい
運転中のドライブレコーダー時は使用しないで下さい。使用する場合は、オプションのマルチ・パワーボックスの使用をお勧め致します。

まれに電子機器等に干渉を与える可能性があります。