小型カメラ基板ユニット TMC-P900 匠MANIAC | アキバガレージ

 

トップ > 小型カメラ > 小型カメラ基板ユニット TMC-P900 匠MANIAC
匠ブランド > 小型カメラ基板ユニット TMC-P900 匠MANIAC
基盤ユニット型カメラ > 小型カメラ基板ユニット TMC-P900 匠MANIAC
Wi-Fiカメラ > 小型カメラ基板ユニット TMC-P900 匠MANIAC

小型カメラ基板ユニット TMC-P900 匠MANIAC

価格 : 17,800円(税込 19,224円)
ポイント : 1,000
数量
 

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特徴

◎DIYでオリジナル防犯WiFiカメラが作れます。

■WiFiモジュールを自分でどこかへセットしたり、手持ちのモノを加工して、 オリジナル防犯WiFiカメラが作れます。
■スマホでモニター確認できて、 取り損ね防止になります。
■レンズ交換可能。別売りのワイドレンズも使用可能。

※初心者は注意! 本製品の取扱いには細心の注意が必要です。またサポート内容も通常の小型カメラとは大幅に異なります。 下記のスペック欄末尾の注意文をよくお読みになってから購入をご検討ください。

仕様
製品機能 ・動画撮影(音声付・スマホ、microSDHC保存)
・静止画撮影(スマホ保存のみ)
・動体検知録画(音声付・microSDHC保存のみ)
・無線LAN機能
・詳細設定機能
ブラック
動画解像度 1280x720px 640x480px 320x240px(選択式)
静止画解像度 1280×640px 1640×480px 320×240px(選択式)
視野角:水平 約55°※視野角は実測による。
動画フォーマット ASF
動画圧縮形式 H.264
フレーム数 〜25FPS
無線LAN
メモリ microSDHCカード(別売)
※最大32GBまで対応・Class10推奨
重量 48g(うちバッテリー10g)
サイズ モジュール:約43mm×40mm×9mm(W×H×D)
スイッチ:約38mm×22mm×10mm(W×H×D)
フレキシブルケーブル:138mm(レンズを除く)
バッテリー:約62mm×36mm×12mm(W×H×D)(ケーブルを除く)
充電方法 USB接続/ACアダプタ
充電時間 約4〜6時間
連続動作時間 録画:最大約2時間(ファイルが複数作成されます)
※安定したWi-Fi動作のために、ACアダプタ接続での使用を推奨します。
※時間は新品状態での実測値です。ご使用環境により数値は変わります。
対応OS Android:5.0〜
iOS:9.0〜
電源 リチウムイオン電池1500mAh
防水機能 なし
生産国 中国
製品保証 なし※製品到着後7日以内の初期不良のみ対応。
※開封後の返金にはいかなる場合も一切応じません。
付属品 本体・電源用USBケーブル・ACアダプタ・日本語簡易説明書/保証書
※付属品は予告なく内容が変わる場合があります。
商品コード NCM03910230-A0
JAN コード 4580383093852
注意事項 ※本製品は電波状態により音声にノイズが入りますが仕様です。ご了承ください。
※輸入品につき、製品・箱等に多少の汚れ・キズがある場合がございます。ご了承ください。著しい破損や初期不良については期間内に限り、交換させて頂きます。
※本製品は非防水です。雨天や水中撮影は故障の原因になります。
※本製品は安定動作のためにACアダプタ接続動作を推奨します。
※記載している連続動作時間は新品状態での実測に基づく参考値です。新品状態でも使用する環境温度や状況などにより変化しますので、この数値を保証するも のではありません。新品状態でフル充電直後の連続使用時間が参考値の80%以上であれば正常とみなします。充電池の仕様上、使用頻度、経年劣化でこの数値 は下がります。
※本製品は精密機器です。取扱いには十分ご注意ください。
Wi-Fi(無線LAN)動作について 本製品の動作は、全てWi-Fiを使用します。本体に記録用ボタンはありません。
本製品の直接接続モードでのWi-Fi通信距離は最大で10mと限定されています。通信距離は目安です。お使いになる環境により変化します。
通信環境によりカメラからの送信切断、遅延やコマ落ちする場合がありますが異常ではありません。
電波の状態により、操作中の反応も不安定になる場合があります。簡易マニュアルの手順通りの反応がない場合は再度同じ操作をする・しばらく待つ・アプリやカメラの再起動などが必要になる場合があります。
全てのスマートフォン等との接続を保証するものではありません。
お買上げの前に ・お買い上げの前に本製品は電子回路や電子工作の知識がある方向けです。
・基板を覆う熱収縮チューブを開くと静電気をはじめ、完全に無防備状態になりますので取扱いには細心の注意を払ってください。
・熱収縮チューブを開くと基板とバッテリー、無線モジュール等がケーブルだけで繋がれた状態になります。
・熱収縮チューブの開封以外にも本製品の改造、カスタマイズ、通常使用で起こる全ての事象は自己責任となります。
・使用時に起きた事故やトラブル・損害等、弊社は一切の責任を負いません。
・付属の簡易説明書に記載以外の使用方法などはサポートいたしません。
・使用にあたり、一切の不正・迷惑行為を禁じます。