簡単操作・高性能 ロングセラーの盗聴発見器 バグチェイサープラス | アキバガレージ

 

トップ > 盗聴・盗撮発見器 > 簡単操作・高性能 ロングセラーの盗聴発見器 バグチェイサープラス

拡大画像

簡単操作・高性能 ロングセラーの盗聴発見器 バグチェイサープラス

価格 : 45,000円(税込 48,600円)
ポイント : 486
数量
 

1万500円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

■探偵や興信所などのプロも使っているロングセラーモデルです!

価格の安い盗聴器発見器ですと盗聴器が出している実際の音が聞けませんが、確実を期するには やはり音が聞けるようにしておきたいですね。この「バグチェイサー・プラス」は、電波探知機能と音声 受信機能の2つの機能を搭載したデュアルモード仕様の盗聴器発見器です。電子音アラームとLEDの表示の 変化により盗聴器までのおおよその距離を割り出すことができますから捜すときも簡単!そしてある 程度場所を把握したら音声に切り替えて最終チェック!取り扱いも簡単なハンディサイズで、発売 から数年にわたるロングセラーもうなずける、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる商品です。

  • 「バグチェイサー・プラス」は、盗聴器発見専用にデザインされた高級盗聴器発見器です。専用機ですので、ツマミやボタンが少なくて操作がわかりやすく、プロだけでなく女性でも簡単にお使いいただけます。
  • この製品はLEDとアラーム音で距離を知らせる「アラームモード」と実際に盗聴器が発している音声を聞ける「音声受信モード」の二つを装備しています。 この2つのモードを併用することで、対象を正確にキャッチして追い込むことができます。
  • 周波数は28〜1,000MHz(1GHz)の9ワイドレンジ!市販の盗聴器のほぼすべてに対応しています。最大2,000MHz(2GHz)まで受信しますが実用感度ではありません。
  • 盗聴器に接近すると、周波数が離れていても自動的にその盗聴器にチューニングをあわせますので、ほぼ正確に場所を特定することができます。
  • 高性能にかかわらず操作ボタンやツマミは少なくなっていますし、本体が非常にコンパクトですので、扱いやすくなっています
  • 駆動電池が単3電池4本ですので、出先で電池が切れてもコンビニなどですぐに買って調査を続行することが出来ます。

1.アンテナ接続端子
ここに付属のアンテナを装着します。
2.イヤホン出力端子
付属のイヤホンを接続すると、周囲に音を出さずに調査できます。
3.モード切替スイッチ
つまみを回すとアラームモードとラジオモードの切り替えができます。
4.電源/音量スイッチ
つまみを回すと電源が入ります。ラジオモード時はボリューム調整つまみになります。

5.信号強度表示LED
受信している盗聴器波の強さを表示します。
6.スキャンボタン
ラジオモード時、このボタンを押すとすべての周波数を自動でスキャンし始めます。

製品仕様
サイズ 65×110×31mm
重量 230g(マンガン電池含む)
電源 単3電池(1.5V)×4本
電池寿命 30時間(アルカリ電池・アラームモード待機状態)
受信周波数 28〜1,000MHz(1GHz)
(2,000MHzまで受信しますが実用感度ではありません)
感度 出力0.05mW以上に反応
検知機能 アラームモード/音声受信モード
■使用上の注意
  • バグチェイサープラスは盗聴発見器です。電波を受信し、音声を聞く事ができますが、あくまでも盗聴波確認用の機能です。受信機とは違いますのでご注意下さい。
  • 本機は精密機械ですので、落下させたり強い衝撃を与えると故障する恐れがあります。股、高温・多湿の場所での使用や保管はお避け下さい。
  • エネループなどの出力電圧が1.5Vよりも低い充電池を使用すると動作に支障をきたす場合がありますので、かならず乾電池をご使用下さい。
  • 本機は有線式および直接式の盗聴・盗撮カメラなど、電波を発しないものには反応しません。
  • 乾電池は長期間装着したままの状態ですと液漏れを起こす可能性があるため危険です。
  • 本機は精密機械ですので、落下させたり強い衝撃を与えると故障する恐れがあります。また、高温・多湿の場所での使用や保管はお避け下さい。
  • 電波の出力が非常に弱い機種の盗聴器は、本機を5cmぐらいまで接近させないと反応しないことがあります。
  • テレビ、蛍光灯(特にインバータ)、パソコン、電子レンジ、コードレスフォン等の電子機器に接近させると、瞬間的に反応することがあります。
  • 本機は電波のある/なしを検知するだけの商品です。発見が難しい場合や、危険を伴う恐れのある場合は、探偵や興信所などの専門の調査機関にご相談ください。