赤外線暗視機能付きの小型カメラ|小型カメラ販売店【アキバガレージ】

 

トップ > 小型カメラ 赤外線暗視

赤外線暗視機能付きの小型カメラ

赤外線暗視機能とは小型カメラに搭載された赤外線ライトを照射し、何も光源がない真っ暗闇でも撮影ができる機能です。
特徴として、暗闇で赤外線ライトをONにして撮影した映像はモノクロ映像になりますが、もはや肉眼では全く何も見えない環境下でも撮影を可能にします。
なお、赤外線暗視機能をONにすると、小型カメラの稼働時間はおよそ半分になりますので、バッテリー容量は余裕を持って機種を検討しましょう。
また、赤外線の光自体は肉眼では見えませんので、普通の光を照らしたようにその場所が明るくなるわけではりません。
そしてその赤外線を照射しているLEDは、赤外線をONにしても全く光らないタイプと、正面から見たときにぼんやりと赤く見えるタイプとがあります。

撮影したい環境が暗い場所だったり真っ暗だったり、あるいは時間帯によって暗くなる場合があるというときはこの赤外線暗視機能付きの小型カメラを使用するといいでしょう。
下の画像は、まったく同じ環境で赤外線暗視機能をOFFにしているときの映像と、ONにしているときとの映像です。

赤外線暗視機能OFF
赤外線暗視機能ON

赤外線をONにした映像では、赤外線ライトが当たっている箇所が明るく見えています。
屋内では赤外線がよく反射してカメラに映りやすいため、比較的くっきり綺麗に見えます。
ただし赤外線ライトの強さには商品によって個体差があります。

全28件

ページトップへ