アキバガレージ

基本的に小型カメラはバッテリーで稼働し、搭載されているバッテリーの大きさによって1回の充電あたりの稼働時間が決まります。しかし小型カメラは秘匿性が高い、小さいことを第一にすることが多いため、その分小さいバッテリーしか搭載できない、つまり稼働できる時間の制約がつきやすくなります。

そんな小型カメラのなかでも長時間稼働する商品があります。今回は小型カメラ販売のプロである当店が厳選した長時間稼働に対応した小型カメラをご紹介します。ぜひとも用途や使う時間に合わせた小型カメラの参考にしてください。

index

モバイルバッテリー型カメラ
基板ユニット型カメラ
もっと長く撮るなら外部電源機能
まとめ

モバイルバッテリー型カメラ

モバイルバッテリー型は外出先でスマホなどを充電する携帯充電器に擬態したタイプです。普通のモバイルバッテリーと同じく本体のほとんどがバッテリーで構成されているため、それだけバッテリーが大きくより長い時間の稼働が可能です。

他の小型カメラよりも形が大きめではありますが、より長い時間撮影することを優先する場合は真っ先に候補に挙がるのがこのモバイルバッテリー型カメラです。

モバイルバッテリー型カメラ ABC-2:1

ABC-2:1は1回あたりの充電で最大約20時間稼働します。これは小型カメラのなかでは非常に長時間で、できるだけ長時間撮影したい状況に適しています。さらに、暗闇撮影が可能な赤外線機能、動か機があったときのみに撮影を行う動体検知機能といった証拠撮影に便利な機能も搭載されています。値段も比較的お求めやすく、稼働時間とそのほかの性能、値段のバランスが取れた商品です。極力安く手軽に、でもしっかりいい商品を使いたい方におすすめです。

モバイルバッテリー型カメラ GX-110 Gexa ジイエクサ

GX-110はABC-2:1よりもお高い代わりに高性能・高機能にまとまった商品です。稼働時間は録画:4K:約20時間、FHD:約40時間にも及び、約40時間という小型カメラでは考えられなかった稼働時間を実現しています。稼働時間以外にもWi-Fi機能を利用したスマホでの遠隔モニタリング、再生、ズームや各種設定など、現状の小型カメラにおけるトップの性能を誇ります。

できるだけ長時間撮影したい、とにかく性能のいい商品を使いたい場合はGX-110が良いでしょう。

基板ユニット型カメラ

基板ユニット型カメラとは、モバイルバッテリーなどの外側がない、最小限カメラに必要なものだけを組み込んだ基板むき出しの小型カメラです。要するにモノに擬態する前の小型カメラですので、設置や工夫の自由度が高いのが特徴です。そんな基板ユニット型カメラは、モバイルバッテリー型ほどとはいかないものの、モバイルバッテリー型よりも小さいサイズである程度の長時間稼働ができる商品があります。

基板ユニット型カメラ ABC-108nct

ABC-108nctの稼働時間は約9時間と、上記のモバイルバッテリー型とまではいきませんが、それでも小型で長い時間の稼働が可能です。稼働時間以外の特徴は、ABC-108nctはとにかくシンプルで使いやすいスタンダードモデルというところです。当店の小型カメラのなかで最もリピーターが多く、ABC-108nctの使いやすさを物語っています。

また、暗視補正機能が搭載されているため、明かりの少ない薄暗い場所の撮影ができます。シンプルでありつつも欲しいポイントはしっかりと押さえている商品です。

もっと長く撮るなら外部電源機能

小型カメラのバッテリー以上の時間を稼働したい場合は、コンセントなどの外部電源から給電する外部電源機能がおすすめです。コンセントやモバイルバッテリーなどの電源は必要になってしまいますが、外部電源機能を使えばmicroSDカードのメモリが続く限り録画ができるため、家や会社などの室内の防犯、いつ証拠の場面が来るか分からない状況などの長期間の録画に適しています。

USB-ACアダプター型ビデオカメラ M-957 スパイダーズX

コンセントに差すだけで録画が始まる非常に簡単な小型カメラです。256GBのmicroSDカードに対応しており、約24時間分の映像を撮影することができます。見た目はACアダプタにしか見えないため、室内のコンセントであればあらゆる場所に違和感なく設置することができます。

映像保存の長さがバッテリーの長さに縛られず、コンセントに差せば誰でも簡単に使用できるのが魅力の商品です。

WiFiデジタルクロック型ビデオカメラ RE-17IP サンメカトロニクス

日本製の置時計型カメラです。バッテリー非搭載のコンセント必須タイプで、上書き録画を気にしなければコンセントからの電力供給で実質カメラが壊れるまで録画が可能で、上書き録画をしたくない場合でも付属の16GBのmicroSDカードで約15時間、別途32GBを用意すれば約27時間の長時間録画が可能です。日本製のため非常に品質が良く、長期間の使用にも耐えやすいです。長時間撮影=カメラ本体にも負荷が掛かりやすいため、長時間撮影をしたい方ほどこうした国産の小型カメラがおすすめです。

まとめ

証拠撮影や防犯などの人生を左右しかねない役割を担う小型カメラにとって稼働できる時間、撮影できる時間は最も重要な要素のひとつです。当然赤外線機能やWi-Fi機能、画質などの機能や性能も十分に考慮に入れる必要はありますが、いくら機能が備わっていても撮りたい場面が撮れていないのであれば何の意味も持ちません。

特に小型カメラはサイズ的な制約で大きいバッテリーを搭載しにくいため、長時間撮影が可能な商品は限られていますので、小型カメラを使用するにあたって何時間撮影したいのかをご検討いただき、ぜひ今回ご紹介した小型カメラをご参考ください。